本文へスキップ

徹底した"お施主様の身になった"家づくり

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.019-687-2510
〒020-0632 岩手県滝沢市牧野林1012-2

HOME > 2×4よりもワンランク上の2×6

小田島工務店の標準仕様は 2×4よりもワンランク上の2×6

 長く住む家だからこそ小田島工務店は2×6工法を標準仕様にしました。2×6工法は構造材の厚みが2×4工法(89mm)より厚い140mm。木材の厚みの分だけ断熱性能が増し、衝撃による構造体の変化が少なくなり、建物の安全性も向上します。
2×4工法と比べると横からの曲げ強度2.5倍、上からの圧縮強度1.6倍という強さを発揮します。地震や台風、積雪荷重などさまざまな外力を受け止め地盤へとスムーズに流します。


2×6工法だと小物を置いても余裕があります。
(写真は直径7センチの瓶を置いています)


 また耐震性はもちろんですが断熱性能も抜群です。
外皮平均熱貫流率(Ua値)は0.27w/m2k(平成29年せいほくタウンnext展示場)という日本で断熱基準が一番厳しい北海道1地域基準0.46w/m2kを大きく上回ります。
 そのため少ないエネルギーで夏涼しく冬は暖かい家になり建築後の冷暖房を抑えることが出来るので一生かかる光熱費の削減につながります。

 そこに永く住まうご家族のために小田島工務店は災害にもビクともしない、経済的で安心・安全な住まいをご提供いたします。


2×6は2×4のの1.5倍の壁厚になります。