株式会社小田島工務店

徹底した"お客様の身になった"家づくり

ZEHについて

ZEHとは、どんな住宅?

ZEH (ネット・ゼロ・エネルギーハウス)とは快適な室内環境を保ちながら自宅で創るエネルギー(太陽光発電等)が、 使うエネルギーよりも大きいか、正味(ネット)で、ゼロ以下になる住宅の事です。

【創るエネルギー】-【使うエネルギー】≧ 0

住宅の高断熱化に、省エネ(高効率)設備や太陽光発電の組み合わせにより1年間の消費エネルギーをゼロにします。

【政府の目標】
経済産業省は
「2020年までに標準的な新築住宅で、ZEHを実現」
「2030年迄に新築住宅の平均でZEHを実現」
と目標があります。

この目標達成に向けた施策の一つとして、経済産業省はZEHの割合を2020年度までに50%以上とする目標を掲げる事業者を登録する「ZEHビルダー登録制度」を開始しました。
これを受け、当社は下記のZEH普及目標を掲げ、ZEH ビルダー認定済です。

ZEH普及目標

2016年度実績
(平成28年)
0%
2017年度実績
(平成29年)
0%
(BLS表示割合 14%)
2018年度
(平成30年)
40%
2019年度
(平成31年)
50%
2020年度
(平成32年)
60%

具体的な
ZEH普及策

(ZEH低コスト化への取り組み等)
ZEHの周知・普及に向けた具体策
 見込み客や、問い合わせのあった顧客にむけて、HPや見学会会場でパンフレットなどでZEH住宅への取り組みや活動を積極的にPRして、住宅の性能や効果などの提案を積極的に周知活動をして行きます。
 自社HPには、ZEH関連の取り組みを掲載し、地域社会に向けて普及活動を努めていきます。
ZEHのコストダウンにむけた具体策
 関連する業者にZEHへの取り組みを理解してもらい、お客様の要望に応えられるように努力します。基本計画段階で、敷地条件や開口部位置の計画、通風計画などを駆使し、パッシブデザインを取り入れることにより、建物の仕様でコストダウンを図ることが可能になると思います。ZEHを標準化することにより、年間の採用数量を増やし建材メーカーへのコストダウンの折衝をします。
その他の取り組みなど
 社員でZEH関連の勉強会への積極的に参加する。
自社で外皮計算や室温シュミレーションなどのソフトを使った解析を行い顧客へのZEHのご説明ができるように社員で勉強していきます。

小田島工務店へのご相談・お問い合わせは